このブログは北海道移住ブログとして、地域おこし協力隊の方々の活躍も紹介していきたいと思っています。

今回ご紹介するのは喜茂別町にあるカフェ&シェアスペースのtigris(チグリス)というお店です。

オーナーは元地域おこし協力隊の加藤さん。

金、土、日曜日は現地域おこし協力隊の小松シェフがランチを提供しています。

スポンサーリンク

町になかったカフェ&シェアスペースをオープン

岩内町の自宅からは1時間くらいの場所にあるのですが、実はもうすでにチグリスさんには数回訪れています。

窓の大きなオープンなお店になっています。

初めてでも入りやすくて寛げる空間なのがいいですね。

元々はクリーニング屋さんだった場所をこのような素敵なスペースに改装していったというのは驚きです。

オーナーの人柄も含めて思わず長居してしまう空間なんです。

北海道で移住者の情報を集めていて最近感じていることがあります。

それは都市部から地方に移住してきた人たちは、気軽に入れるカフェを求めているということ。

そういう移住者にとっても「tigris」はニーズを満たせるお店なのではないかと感じます。

オーナーはニセコに近いこのエリアにシェアスペースがあれば色々な人たちが集まりアイデアが共有される、そのように考えていたそうです。

さらに、町にカフェがなかったことから、カフェ&シェアスペースをオープンさせたとか。

もちろん無料Wi-Fiも設置されています。

町に何が必要かを考えて、そのためのお店作りをされていることに尊敬せずにはいられません。

私は喜茂別タカラ牧場のミルクがお気に入りです。(ランチメニューは毎週変わります)

 

ランチが美味しすぎる…

金、土、日曜日だけランチ(1,000円)を提供しています。

ただし、イベント等でランチ営業をしていない日もあるので、詳しくは「tigris」Facebookページで最新情報をご確認下さい。

そして現地域おこし協力隊の小松シェフが作っているランチなのですが、美味しすぎるのです…。

個人的にとてもはまっている料理です。

毎週ランチメニューは違うのですが、小松シェフなんでも作れるでしょ!って言いたくなります(まだ言ってませんが笑)。

それぞれの食材がとても幅広い味わいを提供するのです。

1つのメニューでこれだけの味を体験できればかなり満足度は高いです。

この日のデザートのクリームもただのクリームではありませんでした。

何か隠し味が加えられているな、そんな味なのです。

これからも食べに行きたいと思っています。

ちなみに現在ランチはお試し提供中のようです。

以前13時30分頃訪れた際には、既にランチは売り切れでした。

これだけ美味しければクチコミでお客さんが来て売り切れになるのも納得いきます。

まとめ

元地域おこし協力隊と現地域おこし協力隊が地域のために活動する素敵なお店を発見しました。

さらに「tigris」では、町外の人たちがミーティングを開いたり、地域おこし協力隊へのサポートミーティングが行われたりしています。

(↓喜茂別町地域おこし協力隊のFacebookページから)

町が確実に変化していることを感じますね。

ひとりの存在がみんなを繋げて大きな動きを引き起こせる。

それも田舎暮らしの魅力の一つかもしれないですね。

スポンサーリンク