移住の不安と生活・仕事の不安

北海道もしくは札幌への移住を考えているという人は意外と多いのではないでしょうか。

実際下記ウェブサイト上の全国の住みたい街ランキングでも札幌は3位です。

みんなでつくる地域・生活情報サイト「生活ガイド.com」

 

きっと今の生活を変えたいと思っている人たちが多いのだと思います。

私が関東で仕事をしていた時を考えると、朝起きて満員電車で、隣の人の足を踏まないように無理な体制でつり革をギュッと握って、駅へ着いたら乗り換えで走って飛び降りる人に突き飛ばされながら自分も違う電車内に飛び乗り、駅員さんに背中を押されて車内でまた押しつぶされる。

帰りは終電に間に合うようになんとか電車に乗るけれど、同じように慌てて終電に駆け込む人たちでごった返しお酒臭い車内でまた押しつぶされる。

真夏の朝、汗ダラダラ状態で目を覚まして扇風機をまわしても熱風しかこなくて朝から疲れがたまっている。

そんな状態でまた満員電車で…。

こんな状態が日々繰り返される。

毎日頑張っているつもりだけど、部屋は狭くて値段が高いし何か見合わない気がする。

(札幌の賃貸は東京都と比べて広くて安いのでこれは凄く思います!)

これら全て私が感じていたことでもあります(笑)

スポンサーリンク

田舎の生活への憧れと現実

こんな生活を続けていると、みんなもそうだしこれが当たり前なんだけど、これってほんとに当たり前のなの?

そんな疑問も出てくる。

北海道の広大な平野をみていると、こんなところでやりたいことをやって自由に生活してみたいなぁと思う。

私はすごく気持ちがわかるんです(笑)

私も道東ドライブをしていたときに「こんな広大な土地が自分のもので好きに使ってよかったら何をやるかなー」

そんな想像をしながら運転してました(^_^;)

 

そのような北海道の田舎の土地は東京に比べたら値段は高くはないですが、でも北海道に移住したところで生活できるのか?

という不安はありますよね。

雪が大変ということもあるでしょうし、どうやって生活費を稼ぐのか、仕事はあるのか?

結局お金がないと生活していけないというのがまずハードルとしてありますよね。

関連記事:夏の北海道で短期リゾートバイトしませんか?~避暑地で大自然を体験しながら働くを実現~

スポンサーリンク

自治体の移住支援体制

そこでどんな仕事があるのだろうかと最近私も北海道での仕事を調べているのですが、

今北海道では移住政策を発表している自治体は多いです。

私も各町の紹介のなかで少し触れていこうと思っていますが自治体のホームページをみると移住情報というのが載っています。

興味がある方は各自治体のホームページを調べてみることをお勧めします。地域によってかなり違いがあります。

 

都会の生活に疲れたという人は北海道らしい仕事を求めるのかなとも思います。

そういう内容で見つけた記載が

  • 一つは地域おこし協力隊という仕事
  • もう一つは農業

この2つについては各自治体で移住支援として取り組んでいました。地域おこし協力隊に関しては北海道が全国一人数が多いです。(2016年データ)

 

関連記事:北海道移住のための仕事探し~地域おこし協力隊という選択~

関連記事:北海道移住のための仕事探し~農業という選択~

 

移住であってもどんなことでも行動とチャレンジはいつでも大事

北海道の生活は思い描いているほど簡単ではないかもしれません。

でも、では今の生活が楽か、仕事が楽かと聞かれたらそんなことはないと思います。

みんな生きていくために一生懸命働いています。

そもそも今の生活に十分満足していたら他の地域への移住を調べるなんてことはそんなにないでしょう。

現状に満足していなくて人生を変えたい

そう思って北海道に来て成功(夢の実現)を成し遂げている人たちもいるでしょう。

大変そうだからとあきらめていたとしたらそのような望む結果にはなっていなかったのだと思います。

これは何かの成功を成し遂げるときにはみんな同じ理屈ですよね。

自分が望むことがあるなら、どんな事であっても諦めずに行動してチャレンジしてみることが大事でだと思います。

前述の2つの仕事支援に関しては私も少し調べてみましたのでまた別の記事でも触れたいと思います。

 

関連記事:自由な人生をおくる・北見のパレードをみて思うこと

関連記事:札幌市での仕事探し・ハローワーク札幌での雇用保険手続き