PR
温泉・ソフトクリーム・博物館!各地の割引で会費以上にお得です!もしもの時にも安心で北海道初心者なら↓JAF加入絶対おすすめです!もちろん私も利用しています。

北海道観光3月モデルコース|冬の終わりを楽しむ穴場(定番)スポット5選

この記事は約11分で読めます。

北海道の冬の終わりは、まだまだ魅力的なスポットがいっぱい!3月の北海道旅行を考えているあなたに、穴場スポットを5箇所ピックアップしました。寒さが和らぎ始めるこの時期は、人出も少なく、ゆっくりと観光を楽しめる絶好のチャンス。雪景色も美しいまま、春の息吹も感じられる、そんな特別な体験をご紹介します。真冬は観光客が多く大変にぎわう北海道ですが、3月は意外と穴場時期かもしれません。冬の終わりを満喫しに、北海道の隠れた魅力を探しに行きましょう!

スポンサーリンク

はじめに:北海道観光3月モデルコースの魅力

北海道の3月は、冬の終わりを告げ、春の訪れを感じさせる特別な時期です。この月には、独特の自然の美しさと、冬の終わりにしか体験できないイベントを楽しめます。たとえば、大雪山系の壮大な雪景色は、まだ冬の魔法に包まれているかのよう。一方で、早春の訪れを告げる野生動物の活動も活発になります。特に、流氷を背景にした野鳥の観察は、この時期ならではの貴重な体験と言えるでしょう。

また、3月はさまざまな冬のイベントがおわりを迎える時期でもあります。札幌雪まつりは2月の1週間のみで2月と比べてイベントは少なくなっていますが、3月にも層雲峡で氷のアート作品を鑑賞することができます。さらに、旭川や小樽など、地域によって独自の冬のイベントが開催され、訪れる人々に冬の北海道の魅力を存分に伝えています。

冬季限定のアクティビティも、多くのものが3月までの楽しみです。スノーシューを履いてのトレッキングや、流氷の上を歩く体験は、他の季節では味わえない特別なもの。また、北海道の豊かな海の幸を堪能できるグルメイベントもあり、冬の終わりを食で楽しむこともできます。

このように、3月の北海道は、自然の美しさと、冬の終わり特有のイベントや体験が融合した、魅力あふれる時期です。冬の寒さが和らぎ、春の暖かさが少しずつ感じられるこの時期に、北海道の大自然と文化を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

3月の北海道で楽しめる自然の美しさ

北海道は、3月になると冬の厳しさが和らぎ、春の息吹を感じ始める時期です。この時期に訪れると、冬の終わりを告げる独特の自然の美しさと、楽しいイベントや体験が待っています。

3月の北海道では、雪景色がまだ残る中で、早春の訪れを告げる野生動物や植物が姿を見せ始めます。例えば、知床半島ではオジロワシやエゾシカの観察が可能で、彼らの活動が活発になる様子は自然の生命力を感じさせてくれます。

また、この時期は冬の終わりを飾るイベントを楽しむことができます。北海道の3月はスキーやスノーボードといったウィンタースポーツを楽しむことができる時期。ニセコや富良野など、世界的に有名なスキーリゾートでは、まだまだ良質な雪が楽しめます。春スキーの醍醐味を味わいながら、のんびりとした時間を過ごすことができるでしょう。

3月の北海道を訪れることで、冬の終わりと春の始まりの間にある自然の変化を肌で感じることができます。美しい雪景色から徐々に色づく大地まで、季節の移ろいを感じながら、北海道ならではの観光や体験を満喫してください。

冬の終わり特有のイベントと体験

北海道の3月は、冬の終わりを告げる特別な時期です。この時期には、雪解けの始まりと共に、訪れる人々に忘れられない体験を提供する自然の美しさとイベントが溢れています。北海道観光の3月モデルコースを巡ることで、冬の終わりにしか味わえない魅力を存分に感じることができるでしょう。

3月の北海道では、まだ雪が残る自然の中で、春を先取りするような体験が可能です。例えば、層雲峡の氷瀑まつりは、冬の寒さが生み出す芸術作品を楽しむことができるイベントです。氷の彫刻が幻想的な光に照らされる様子は、まさに冬の終わりならではの光景です。

また、知床半島では、流氷を間近で見ることができる流氷観光がおすすめです。船から見る壮大な流氷の景色は、この時期にしか体験できない特別なもの。流氷の上を歩く体験もでき、冒険心をくすぐられること間違いなしです。

さらに、3月は北海道の美味しい食材が豊富な時期でもあります。特に、海の幸は絶品で、帆立やカニ、イカなど新鮮な海の幸を堪能することができます。地元の食材を使った料理は、旅の思い出に深く刻まれることでしょう。
3月の流氷あけの毛ガニが一番美味しいなんて話しを聞いたこともあります。

冬の終わりの北海道は、雪と氷に彩られた美しい景色、心温まるイベント、そして美味しい食事が待っています。3月モデルコースを通じて、北海道の魅力を存分に味わってみてください。この時期ならではの体験が、あなたを待っています。

※2024年の北海道は例年よりも気温が高めの地域が多そうです。雪のイベントは予定よりも早い時期に終わってしまう可能性もあるので注意してください。

⇓北海道各地のアクティビティを探すならこちら⇓

北海道の遊びを探すならこちらから

⇓旅行の計画はこちら⇓

スポンサーリンク

北海道観光3月モデルコース|穴場スポット1:旭山動物園の冬期限定イベント

旭山動物園ペンギン

北海道観光の際、3月は特別な体験ができる時期です。その中でも、旭山動物園の冬期限定イベントは見逃せません。旭川市に位置するこの動物園は、冬の寒さを活かしたユニークな展示で知られています。特に、ペンギンの散歩は大人気。厚い雪の中を元気に歩くペンギンたちの姿は、冬ならではの可愛らしさがあります。

アクセスについては、旭川市の中心部からバスや車で約40分。旭川駅から直接動物園へ向かうバスも運行しており、観光客には便利です。冬季は路面が凍結することもあるため、移動時には気をつけましょう。

冬にしか見られない動物たちの姿も、この動物園の魅力の一つ。寒さに強い動物たちは、雪の中でも活発に動き回ります。特に、オオカミやホッキョクグマの展示は、雪景色とマッチして圧巻の美しさ。来園客が魅力的な視点から動物を見学でき、かつ動物たちが自然に近い状態で過ごせるように工夫された展示は、訪れる人々に新たな発見を提供してくれます。

旭山動物園の訪問は、北海道の冬の魅力を存分に味わうことができる貴重な体験。3月のモデルコースに加えることで、北海道観光がより一層楽しめるはずです。寒い冬の期間にしか見られない動物たちの特別な姿を見に、ぜひ旭山動物園へ足を運んでみてください。

⇓北海道各地のアクティビティを探すならこちら⇓

【北海道・札幌発着】2月1日〜4月7日冬の旭山動物園と美瑛白ひげの滝・日帰りバスツアー
スポンサーリンク

北海道観光3月モデルコース|穴場スポット2:美瑛の青い池と白ひげの滝

青い池

北海道の冬は、まるで別世界のような美しさを秘めています。3月になると、厳しい寒さも少しずつ和らぎ、観光に最適な季節が訪れます。特に美瑛は、この時期になると雪に覆われた風景が神秘的な雰囲気を醸し出し、訪れる人々を魅了します。美瑛の青い池は、その名の通り青く輝く水面が特徴ですが、真冬には凍りつきその青さを見ることができませんが、冬の間にもライトアップが行われて池の様子はとても神秘的です。一方、白ひげの滝は、凍りつくことがある滝の姿が幻想的で、多くのカメラ愛好家を引きつけてやみません。
すっかり北海道の有名観光スポットとなりましたが、冬に行くという意味ではまだ穴場といえるのかもしれません。

この地域では、スノーシューイングやクロスカントリースキーなど、雪を楽しむアクティビティが豊富にあります。自然を間近に感じながら、美瑛の壮大な景色を満喫できるでしょう。また、地元の食材を活かしたグルメも魅力の一つです。ジンギスカンや海鮮丼など、北海道ならではの味わいを楽しむことができます。

3月の北海道観光では、美瑛の青い池や白ひげの滝をはじめとする穴場スポットを巡ることで、忘れられない体験が待っています。雪と氷に彩られた美瑛の景色は、訪れる人々に冬の魅力を存分に伝えてくれることでしょう。

北海道観光3月モデルコース|穴場スポット3:層雲峡温泉の氷瀑まつり

氷瀑まつり
層雲峡 氷瀑まつり(写真ACより)

層雲峡の氷瀑まつりは、すでに北海道の冬の代表的な風物詩の一つですが、道北方面の観光モデルコースとして記載しておきます。(北海道の面積はとても広いので、あちこち行くのは難しいので…)最近は外国人観光客も多くなり、とても混雑が予想されますが、3月になると少し落ち着いているかもしれませんね。
この祭りは、大雪山系の壮大な自然を背景に、氷の彫刻やライトアップされた幻想的な氷瀑を楽しむことができます。温泉地としても知られる層雲峡では、冷えた体を温める温泉も楽しみの一つです。

この時期、層雲峡は氷のアートで彩られ、訪れる人々を魅了します。氷瀑まつりのハイライトは、自然に凍った川の水や滝を利用して作られる巨大な氷の彫刻です。これらの彫刻は、日中は太陽の光を受けてキラキラと輝き、夜には色とりどりのライトで照らされ幻想的な雰囲気を作り出します。特に夜のライトアップは、多くのカメラ愛好家や観光客を引きつける見どころの一つとなっています。

3月に入ると、日中の気温が上昇することがありますが、層雲峡の氷瀑まつりは、昼夜を問わず氷の彫刻やライトアップされた景色を楽しむことができるよう、細心の注意を払って維持されます。この時期は、冬の終わりを感じながらも、冬の魔法がまだ残る特別な時です。氷瀑まつりの醍醐味は、自然が作り出す芸術と、それを最大限に活かす人々の創造力にあります。

訪れる人々は、氷の彫刻が春の兆しと共にどのように変化するかを見ることができるでしょう。太陽の光が強くなるにつれて、彫刻の表面に新たな輝きが生まれ、変わりゆく自然の美しさを肌で感じることができるかもしれません。また、層雲峡の温泉でのんびりと過ごす時間は、冬の長い期間の疲れを癒し、新しい季節を迎える準備をするのに最適な方法です。氷と雪の美しい作品を背景に、春の訪れを待つ心地よい時間を過ごすことができます。

北海道観光3月モデルコース|穴場スポット4:小樽の歴史的建造物と運河散策

小樽運河

北海道を訪れるなら、3月が独特の魅力にあふれる時期です。この月には、小樽の歴史的建造物と運河沿いの散策が特におすすめ。小樽は、かつて北海道の経済を支えた港町として栄え、その名残を色濃く残す場所です。街を歩けば、レトロな雰囲気の中に新しい息吹も感じられるでしょう。

小樽運河は、その美しい景観で知られ、夜になるとガス灯が灯され、幻想的な雰囲気が漂います。冬の寒さが残る3月でも、運河沿いを歩くのは格別の体験。運河周辺には、カフェやレストランが点在しており、北海道ならではのスイーツやグルメを楽しむことができます。特に、小樽はスイーツの街としても有名で、新鮮な乳製品を使用したケーキやアイスクリームは絶品です。(北海道では建物の中がとても暖かいので、冬に冷たいスイーツを楽しむのはごく普通。というは有名な話…)

また、小樽には歴史的建造物が多く残されており、その一つ一つがこの街の豊かな歴史を物語っています。商家や倉庫が立ち並ぶ地区を歩くと、かつての繁栄を偲ぶことができるでしょう。これらの建物の多くは、現在もレストランやショップとして活用されており、訪れる人々に新たな魅力を提供しています。

3月の北海道観光では、小樽の歴史と現代が融合した魅力を存分に味わうことができるでしょう。寒さが残る中、温かなカフェで北海道スイーツを味わいながら、小樽の歴史的建造物や運河の散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

北海道観光3月モデルコース|穴場スポット5:知床半島の冬景色と野生動物観察

流氷ウォーク
流氷ウォーク2月(photoACより)

北海道の3月は、まだ冬の魅力を十分に楽しめる季節です。特に知床半島は、その時期ならではの美しい冬景色と野生動物の観察が可能な、訪れる価値のあるスポットとして知られています。寒さが厳しいながらも、その清々しい空気の中での自然体験は格別です。

知床半島での冬の大自然との触れ合いは、他では味わえない貴重な体験を提供してくれます。雪に覆われた壮大な景色の中、エゾシカやキタキツネなど、冬季にしか見られない野生動物たちを間近で観察できるチャンスがあります。特に、冬季限定の野生動物観察ツアーは、プロのガイドが同行し、知床の自然をより深く理解することができるため、多くの観光客に人気です。

知床半島では、冬の特別な時期にしか体験できないアクティビティが豊富にあります。たとえば、流氷ウォークでは、特別な装備を身につけて凍った海の上を歩くことができ、まるで別世界にいるかのような感覚を味わえます。また、夜には、星空観察やオーロラを見ることができる場合もあり、北海道の冬ならではの魅力を存分に楽しむことができるでしょう。

このように、3月の北海道、特に知床半島は、冬の終わりを告げるこの時期にしか体験できない自然との触れ合いや野生動物観察の機会を提供しています。寒さを乗り越えて訪れれば、忘れられない思い出が待っていることでしょう。(北海道に住む人間として冬の運転はとても緊張しますので、自分で運転していく場合はくれぐれも気を付けて…)

⇓北海道各地のアクティビティを探すならこちら⇓

関連記事

まとめ:3月の北海道でしか味わえない魅力と次回の旅の提案

北海道は3月になると、まだ冬の名残を感じさせる雪景色と初春の訪れが同時に楽しめる、とてもユニークな時期です。この季節にしか体験できない活動がたくさんあり、例えば流氷ウォークや氷瀑まつり、そして冬の味覚を楽しむことができます。特に知床半島では、流氷の上を歩くツアーが開催され、まるで異世界を歩いているかのような感覚を味わうことができるでしょう。

次回北海道を訪れる際には、春の終わりから初夏にかけての時期がお勧めです。この時期には、美瑛や富良野の広大なラベンダー畑が満開になり、色鮮やかな景色が広がります。また、この時期は新鮮な海の幸も楽しむことができ、特に北海道のカニやイカは絶品です。さらに、温泉地を訪れて、日頃の疲れを癒やすのも良いでしょう。登別温泉や洞爺湖温泉、最近話題となっている「いわない温泉」など、北海道には魅力的な温泉地が数多くあります。

北海道は季節ごとに異なる魅力があり、3月のモデルコースでは冬の終わりと春の始まりを同時に感じることができます。次回訪れる際には、春から夏にかけての北海道を体験してみてはいかがでしょうか。美しい花々、新鮮な食材、温泉など、北海道の魅力を存分に味わうことができるでしょう。

関連記事
観光スポット
スポンサーリンク
シェアする
kaiをフォローする
仕事の都合で東京から北海道に移住したサラリーマンの生活体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました