PR
温泉・ソフトクリーム・博物館!各地の割引で会費以上にお得です!もしもの時にも安心で北海道初心者なら↓JAF加入絶対おすすめです!もちろん私も利用しています。

北海道の札幌行きお役立ち空港ガイド

この記事は約5分で読めます。

北海道は美しい自然と豊かな観光地で知られていますが、その玄関口とも言えるのが北海道の空港です。特に札幌にある空港は、多くの旅行者にとって最初の印象を与える場所となっています。北海道の冷涼な空気が迎える中、札幌の空港は賑やかで活気に満ちた雰囲気が漂っています。

札幌を訪れるのに便利な空港は2つ。札幌丘珠空港(札幌市)と新千歳空港(千歳市)があります。
札幌丘珠空港は主に道内便です(北海道内には、定期便がある空港が12個存在します)。道外から訪れる人が主に利用する空港は、新千歳空港となりますが、札幌丘珠空港を利用できる地域の方は、丘珠空港を利用するのが便利です。

スポンサーリンク

札幌へ行くために便利な空港

道内の空港から札幌に移動するために便利な空港は札幌丘珠空港。道外空港から札幌を訪れるのに便利な空港は新千歳空港でしょう。

札幌丘珠空港

丘珠空港

札幌丘珠空港と北海道外を結ぶ就航便

丘珠空港は住宅街にある小さな空港なため、小型以外のジェット機の離着陸が困難なようで、道外便はほとんど飛んでいません。
しかし、時期によっては、秋田空港、三沢空港(青森)のほか、名古屋空港や静岡空港便も運行されています。2024年1月31日には新潟空港便も就航予定だそうです。そういう方面から利用される場合は、札幌中心部へのアクセスがとても便利な空港なので、おすすめです。

丘珠空港のアクセス情報

丘珠空港から札幌駅までバスが運行されています。(約30分700円 ※冬期間は雪による交通渋滞のため、かなりの遅延の恐れもあります)
また、同じバスで地下鉄栄町駅で地下鉄東豊線に乗り換えて札幌駅へ行くこともできます。
最新のバス運行情報は北都交通のホームページで確認してください。⇒https://www.hokto.co.jp/okadama-sapporo/

以前仕事の出張の関係で私が利用していたころは、タクシーで栄町駅に行って地下鉄で札幌まで行ったり、タクシーで札幌駅まで行くこともありました。(札幌駅までのタクシー料金は3,000円弱だと思いますが、詳しくはタクシー会社に確認してください。)
新千歳空港から札幌駅までタクシーを利用すると、タクシー会社の割引プランなどを利用しない限りは、通常1万円以上かかると思います。

このほかに、丘珠空港には300台以上収容可能な有料駐車場があります。
24時間で最大400円、以降24時間ごとに400円上乗せで駐車できます。
くわしくは札幌丘珠空港ホームページから確認してください。⇒https://www.okadama-airport.co.jp/

小さい空港ながらもお土産ショップと飲食店あり

札幌丘珠空港2階の出発ロビーには、お土産ショップ「スカイショップおかだま」と食事ができる「丘珠キッチン」があります。
お土産品の買い足しや飛行機の時間までの休憩に便利。
私は、たまねぎ感たっぷりの「丘珠カレー」が好きでした。
お店のメニューや営業時間など詳しい情報は、札幌丘珠空港ホームページの「店舗案内」で確認してください。⇒https://www.okadama-airport.co.jp/

札幌丘珠空港からのレンタカー利用は下記サイトから

新千歳空港

新千歳空港

新千歳空港は、北海道の玄関口として知られています。国内線・国際線を問わず、多くの航空会社が運航しており、日本各地や海外からのアクセスが可能です。空港内にはショッピングエリアやレストランも充実しており、飛行機の待ち時間も楽しく過ごせます。

北海道の大都市である札幌市へのアクセスもスムーズであり、新千歳空港からは空港連絡バスや電車(JR)などが利用できます。これにより、観光やビジネスの際にもストレスなく移動することができます。

新千歳空港は四季折々の美しい風景が広がる北海道へ訪れる旅行者にとって、快適で便利な拠点となることでしょう。札幌への旅行を計画する際には、新千歳空港を利用して、思い出に残る素敵な旅を楽しんでみてください。

新千歳空港のアクセス情報

新千歳空港~札幌間はJR快速エアポートのUシートの利用がおすすめ

新千歳空港と札幌駅を結ぶアクセスは、JRが便利です。
新千歳空港-札幌駅間を最速37分で結ぶ「快速エアポート」と最速33分で結ぶ「特別快速エアポート」があります。(料金1,150円)
快速エアポートは、概ね12分間隔で毎時5本運転されています。
行先は、札幌駅だけではなくて小樽駅まで行く列車もあります。小樽方面に行くときはその列車を利用するのも便利です。
あと、個人的におすすめなのは、指定席Uシートの利用(料金+840円)です。
快速エアポートは込み合うことがあり、30分以上窮屈な車内で立っているのは苦痛が伴う人もいるでしょう。
直前に券売機で買うと、予約でいっぱいで空席がないこともあるので、事前に予約しておくのがいいと思います。
快速エアポートとその予約については、
JR北海道のホームページで確認してください。⇒https://www.jrhokkaido.co.jp/airport/

目的地が停留所の近くにあれば新千歳空港と札幌間の空港連絡バスが便利

新千歳空港から向かう目的地の近くにバスの停留所がある場合は、空港連絡バスを利用するのもおすすめです。
札幌市内であっても、札幌駅から向かうには意外と遠いところが目的地となっている方もいることでしょう。
重い荷物を持って駅や市内を移動するのは体力的にも負担が大きくなります。
空港連絡バスであれば、大きな荷物1つはトランクルームに預けられるし、座っていくことができるので快適です。

各種バス会社の時刻表やバス乗り場の情報は、新千歳空港のホームページからバスでのアクセス情報を確認してみてください。⇒https://www.new-chitose-airport.jp/ja/access/bus/

国内線・国際線ともに1階にレンタカーカウンターあり

新千歳空港には、国内線・国際線どちらにもレンタカーカウンターがあり、レンタカー利用も便利です。
新千歳空港ホームページのレンタカー情報ページも役に立ちます。⇒https://www.new-chitose-airport.jp/ja/access/rentacar/

空港と時間から簡単に検索して予約できるので、下記サイトも便利です。↓

宿泊予約に便利なサイト

北海道のアクティビティをお得に予約するには下記サイト

関連記事

観光スポット
スポンサーリンク
シェアする
kaiをフォローする
仕事の都合で東京から北海道に移住したサラリーマンの生活体験記

コメント

タイトルとURLをコピーしました