改良が続けられている「道の駅花ロードえにわ」ですが、2020年3月さらに設備が充実した道の駅となっていました。

どこが変化したのか2020年9月28日最新の状況でまとめてみました。

ようやく冬の利用者にも配慮されたトイレになった点が個人的にはとても嬉しいですね。

スポンサーリンク

野菜直売所かのなが移転オープンして大きく変化!

以前のかのなを知っている人には全く想像できないでしょう。

以前のかのなは国道側の入口近くにありましたが、道の駅リニューアル後は国道側でない側の入口が改良されて、「かのな」の建物が移転オープンしていました。

↑国道側ではない入口が整備されています。

かのなの横にも新たな駐車スペースが出来上がっていました。

↑リニューアル前を知っている人なら驚きですね。

花時計の裏、こんな場所に以前の倍くらいありそうな広さのかのながオープンしたのです。

通年営業にもなったとか。

↑以前の建物も残っていましたが使われていません。

お湯が出る!冬の利用者や車中泊者もようやく快適に…トイレもリニューアル

個人的に道の駅花ロードえにわでこれまで1番の問題だと思っていたのがトイレです。

いやトイレはとても綺麗なのですが、問題は水道の水。

冷た過ぎだったんですよ。

4月でも普通に冷たくて、冬はとても使えない…。

ここでしっかり手を洗うことは無理でした。

ですが今回のリニューアルで改良されたようです。

まだ冬期になっていないのでよくわかりませんが、少なくても手前の2つの蛇口からはお湯が出ていました。

道の駅巡りをする私からはこれが一番の改良点、ようやく最近の道の駅らしく設備が揃った気がします。

道の駅花ロードえにわの授乳室

トイレでお湯が出るといえば、その隣のスペースには授乳室もできていました。

個室授乳スペースが2個設置されて24時間利用可能。

調乳用の温水器も設置されています。

さらにおむつと液体ミルクの自販機が設置されていて24時間購入可能。

おむつと液体ミルクの自販機は道の駅はまとんべつが最初に始めたもの。

恵庭は十分に充実した店がある街なので、浜頓別ほどの利点は感じませんが、それでも便利になりましたねー。

タピオカドリンクショップとメニュー表

駅舎内には新たなショップがオープンしていました。

最近タピオカドリンクの人気は少し陰り気味ではありますが、何度もブームがきている商品ですし、北海道の場合はお店が少ないということもあるので、道の駅に設置するのはいいかもしれませんね。

お土産品とコスメショップ周辺スペース

売店のスペースが以前よりも広くなっていました。

コスメ商品を売るスペースもありましたよ。

恵庭にはあまりない商品なのでしょうか?

売店周辺の道の駅情報スペースや休憩スペースも広くなっていました。

2019年のリニューアル後は座るスペースが少なくなっていたので、人気の道の駅としてはこういう休息スペースの充実も大事だと思います。

花ロードえにわの飲食スペース

パンとカレー中心のメニューに変更はありませんが、設備は新しくなっていました。

かぼちゃプリンやかぼちゃメロンパンなど人気のパンは現在もしっかり販売されています。

↑メニューは以前と変わったようには見えません。

しかし設備の面では結構変化が。

アウトドアスタイルですね。

キッズスペースもありました。

道の駅駅舎周辺の様子

駅舎裏のスペースは公園として整備され始めています。

建設中の建物もあって気になりました。

↑まだ完成していない場所も多いですが、今後の充実が期待できますね。

まとめ

2020年9月28日最新の情報で、リニューアルオープンした道の駅花ロードえにわの情報をまとめてみました。

花ロードえにわはこれまで駐車場が満車になる時間帯も多い人気の道の駅でしたが、最新の道の駅と較べると設備が古い印象がありました。

しかし、2019年2020年とリニューアルを重ねて、現在は人気の道の駅らしい最新のスタイルの道の駅に進化していました。

まだ建設途中と思われるスペースもあるので、今後さらに充実した道の駅となっていきそうです。

今後も目が離せない楽しみな場所ですね。