ほっかいどう大運動会?

今まで聞いたことのないイベントです。今年が初開催だと思います。

そしていつ開催なのか確認してみると、なんと来年2019年の1月です。

真冬の北海道で運動会ってそんなこと考える人がいるんですね(^-^;

でもさらに確認してみると開催場所は札幌ドームです。

確かに札幌ドームなら雪の季節でも大丈夫ですね。でもあえてこの時期に実施を考えるのは凄い(笑)

スポンサーリンク

 

ほっかいどう大運動会の開催日時&開催場所と申込方法

  • 開催日時:2019年1月14日(月・祝日) 9:00~16:30(予定)
  • 開催場所:札幌ドーム
  • 募集期間:9月1日(土)~10月31日(水)
  • 大会公式サイト:https://h-daiundoukai.jp/

大会公式サイトにも説明がありますが、参加エントリーはランネットからできるようですね。

申込期間は10月31日までですが、定員に達した時点で終了になるので参加希望の方は早めに申込んだ方がいいですね。

 

札幌ドーム駐車場の利用について

当日はシャトルバスの運行はないようです。

札幌ドームの駐車場を利用するには駐車券の事前購入が必要になります。

事前購入の申込みは9月1日から始まってるので早めに申込んだ方がいいかもしれませんね。

札幌ドームのホームページに詳細があります。⇒駐車場案内

ほっかいどう大運動会の開催競技

  • スタジアムラン・リレー
    スタジアム内の1周約2キロのコースを①2~15人一組のチームで4時間走る競技と②2~10名一組のチームで10周走るリレー競技を予定しているようです。
    夏にも札幌ドーム内と外周を走る6時間リレーレースというのを札幌ドームで行っていて私も参加したことがあるのですが、似ていますね。
    ただし、ほっかいどう大運動会の場合は、公式サイトのマップを確認すると、室内だけでドームを下から上まで行ったり来たりという感じのようです。大変ですね(^^;
  • AJTA([アジャタ]スポーツ玉入れ)
    北海道の和寒町発祥の玉入れ競技だそうです。知らなかったです(^^;
  • あつま国際雪上3本引き
    こちらは厚真町で毎年開催されている競技です。
    本来は滑りやすい雪上で行う競技ですが、ほっかいどう大運動会では屋内版として札幌ドームのアリーナを舞台に特別ルールで実施されます。
  • 大縄跳び
    説明の必要もない大縄跳びですね(^^)

当日は上の競技以外にも家族で楽しめる無料のスポーツ体験コーナーなど他のイベントが予定されています。今後もう少し詳しく発表になるのではないでしょうか。

まとめ

冬の北海道のスポーツというとスキーとかを想像してしまうのですが、そうではないんですね。

 

走るとは思わなかったです(笑)

 

北海道はどうしても雪の影響でできることが限られる期間が長いです。

 

寒さと雪でちょっと暗い気分になることもあります(^^;

 

今回はその雪の時期にチームで盛り上がれるスポーツイベントを行う新たな試みですね。

 

7月の6時間リレーマラソンは参加したことがあるのですが、チームで参加するのでやってみると大勢で盛り上がるものです。

 

そういう意味で冬のこの時期にそういうイベントで盛り上がれるというのは、やってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 

以前の記事、「プロ野球北海道日本ハムファイターズ北広島市への本拠地移転についての期待と不安」でも少し触れたのですが、今後の札幌ドームの有効利用を模索する1つの試みになるかもしれませんね。

スポンサーリンク