新千歳空港到着!札幌までの道のりは

北海道に飛行機を使って来たときに新千歳空港から札幌駅というルートで来られる方はたくさんいると思います。

このルートは公共交通機関だとJRまたはバスがあります。

バスは札幌駅以外の周辺エリアに停車しますので、その位置に用事のある方は乗り換えいらずで到着できるので便利ですね。

ただ北海道は雪というものがありますので雪が降ると渋滞も多いですし、高速道路の事故も結構な頻度で起こります…。

ですがJRも何かの影響で遅れが出たり運休になってしまうこともありますのでバスもあるということは覚えておいた方がいいと思います。

 

関連記事:実はこんなにあった北海道内の空港〜数・名称〜

 

JRを利用するときの注意点

JRは快速エアポートを利用すると便利です。だいたい15分間隔くらいで運行しています。

快速エアポートを利用する時にはuシートという指定席に乗るのがいいのではないでしょうか。

新千歳空港ー札幌駅間は40分弱で、始発駅なので自由席でもいいといえばいいのですが、途中駅で混み合うこともありますし、ついつい私は指定席買ってしまうことが多いです。

新千歳空港から札幌駅まで普通席で1070円、指定席はプラス520円です。

繁忙期に駅で指定席券を購入しようとすると1時間くらい先まで買えないこともあるのでインターネットを利用して予約購入をしておくのがおすすめです。

ちなみに社内でも車掌さんからUシートのチケットを購入することは可能ですが、車掌さんはどこの席が空いているのかということはわかないそうなのです。

ですので列車内で指定席券を購入して空いている席に座っても、本来そこを予約していた方が乗ってきた場合は、その他の空いている席に自分で移動しなければいけません。やはり指定席券は前もって買っておく方が安心です。

快速エアポートのUシートの車両には端の方に大きな荷物を置くことができるスペースもありますのでトランクケースなど大型荷物をもってこられている方にもおすすめします。

 

自由席に乗車する場合のちょっと注意

ちょうどホームの階段を降りたあたりにUシートの入り口があります。

そのまま乗車してしまうと間違えてUシートに座ってしまうことがあるのでご注意ください。

車掌さんがチケット確認に来た時に気付いて出て行くのもちょっと恥ずかしいですし、それから自由席で空いている席を探してもなかなか見つからないと思います。

余談ですが、北海道の一部のJRの区間には車両に電気を供給する電線がありません。

北海道に来た当初よく汽車という言葉を耳にしたのですが、これは電車ではないから汽車と呼んでいるのだということを後で知りました。