雪の上で滑り止めは必要?

最初に私の現状を言いますと、私は北海道に来てから10年以上経った現在まで一度も靴に滑り止めを付けたことはありません。

私の知人でも初めて北海道い来た頃に買ったという人に2,3人会ったことがあるだけです。

私は普段車に乗っていることが多いので駅などで歩いている人たちの足もとを見たことはあまりないです。

ですので気づかないだけかもしれませんが靴に装着する滑り止めを実際に見たことが今までなかったです。

私も多くの人と同じように一時期ツルツルな道路で何度も転んだことがあって、その時に「コンビニでも売っているから買ってくれば?」とアドバイスを頂いたことがあったので、コンビニでも売っているなんて北海道の土地柄だなぁと思ったことを記憶しています。

 

前置きが長くなってしまいましたが結論から言うと、なければ歩けないといったことはありません。

ですが北海道外から来る際に気になっている人も多いようなので私も試しに買ってみました。

スポンサーリンク

 

私が買った靴の滑り止め(写真)

靴滑り止め

コンビニでも売っていると聞いていたのですが、私の自宅近くのコンビニでは売っていなかったです。

こちらの写真は札幌駅近く赤れんがテラスのローソンで購入したものです。

他にも色々な種類があると思いますが、私が買ったコンビニで売っていたのはこの1種類で在庫2つでした。

金額は1000円くらいだったと思います。

上の写真は裏と表で並べて撮影したものです。

 

靴に装着してみた写真も撮ってみました。

取り付けてみたところ、思っていたより目立たなかったです。

フリーサイズとなっていたのですが私の24.5㎝の靴にもきつくしっかりつきました。

今はあまり雪は積もっていなくて実際に歩いてみてはいないので、歩きやすさとか外れてしまうのでは?とかそういった検証はしていませんが取り付けは力はいりましたが容易でした。

 

(追記)

雪まつりの見学で使用して全く滑らずだいぶ役に立ちました。通路を歩くときは少し歩きにくいですが雪上を歩くのはとても楽ですね。ただしやはりつま先の方にしか滑り止めがないのでこういうタイプを利用する際にはかかとに重心をもっていくのはだめですので注意してください。つま先の方に重心を置いて歩いてください。

 

関連記事:今年は北海道命名150年の年・命名の由来と冬に来道する方へ

関連記事:知らなきゃ困る!~北海道の雪編・想像と現実のギャップ〜

 

まとめ

裏にあまり溝がない靴を使っている場合はこういうものを取り付けるといいかもしれません。

しかしこれでも重心を後ろ(かかと)にかけてしまうと転倒はさけられないかもしれませんね。今回買った滑り止めはかかとの裏側までカバーしているものではないので。

 

あと思うのですが、雪が降って積もってしまうと靴も埋もれてしまいます。

それで靴の中は水が入ってしまいます。その場合は滑り止めよりも防水の方が大事です。

私は長靴など履いて歩かないので靴の中が濡れてしまって気持ちの悪い思いをすることが多いです。

靴も傷みますよね。はじめから防水の靴裏の滑らない靴を用意するのも一つの考えですね。

 

あと、札幌駅の周囲は通常はロードヒーティングが入っているところが多くて歩道には雪がありません。

そういうところでは必要ないでしょう。

 

私の家の近くのコンビニには売っていませんでしたが空港や札幌駅近くではコンビニでも売っているのかもしれません。私が買えたのは赤れんがテラス内のローソンでしたがいつでも在庫があるとは限りません。

ポーチ付きのものなど種類があるようなので前もって買う時間があるのであればネット通販などで買っておくのがいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事:北海道旅行~計画前にまず知っておきたいこと~