1月25日(金)~2月17日(日)の期間に2019年千歳・支笏湖氷涛まつりが開催されています。

雪まつりと同じく有名とのことでしたが私は一度も行ったことないどころか実は聞いたことがあるくらいで有名なイベントとは知らなかったです(^^;

ということで2019年初めて千歳・支笏湖氷濤まつり会場に行ってきました。

ライトアップ前も綺麗ではあるのですが、夜のライトアップ時の方がカラフルで賑わっていますね。

スポンサーリンク

2019年千歳・支笏湖氷濤まつり概要

開催期間 1月25日(金)~2月17日(日)

開催時間 9:00~22:00 (ライトアップは16:30~22:00)

協力金 300円

会場 北海道千歳市支笏湖温泉

交通 バス千歳支笏湖線が新千歳空港(28番のりば)-千歳駅-支笏湖が1030円で運行されています

国道453号沿いに一般用の駐車場入口があります。駐車場の出口付近の方が会場へは近いです。臨時で支笏湖小学校の場所にもありました。冬期間無料で利用できましたが大型車は料金がかかるそうです。

会場までの移動は4輪駆動車ではなくても大丈夫か?

私は新千歳空港の方から行きましたが途中の道路は除雪されているので私のFF車でも問題なく運転できました。

でも除雪されていないところでは問題が起きたのでそれは最後に書きます(^^;

スポンサーリンク


千歳・支笏湖氷濤まつり昼間の会場の様子

駐車場からビジターセンターの方に歩いていき、食堂・お土産屋さんなどがある横を通って下に坂道を下っていき、支笏湖の前まで降りるとウェルカムゲートがあります。

ウェルカムゲート

ブルータワー

ウェルカムゲートを通って協力金を払って前に進むと目の前にあるのがブルータワーと呼ばれる巨大な支笏湖ブルーのタワー。

氷濤まつりの原点といる象徴的なタワーだそうです。

 

↑こんな場所もあるのですが、もはや別な国に行っているような感覚になりますね。

苔の洞門

そして夜のライトアップされていなくてもこのような場所も…。

ゲーム好きの私としてはロールプレイングゲームの主人公にでもなったかのような気分を味わえます(^^ゞ

ビックマウンテン

氷ってあらためて見ると不思議な感じに見えますね。

天空回廊

氷の階段を上へ上って行くこともできます。

一番上までいくと支笏湖の方まで見渡せます。

売店

会場内には売店もあって温かいものも食べれますね。

隣には休憩所も設置されています。休憩所は缶ジュースの自販機が置いてある暖かい場所なのでゆっくりできます。

遊べる場所も

チャイルドリンク

アイススライダー

子どもだけではなくて大人も滑って楽しんでいました。

スポンサーリンク


服装・足元注意!

会場は氷の中なので当然暖かい服装で行ってください。

それに加えて足元注意して下さい!私は先日買った靴の滑り止めを装着していきました。(参考記事:付ける付けない?北海道生活の冬の必需品靴の滑り止めについて

滑り止めをつけていたのでほとんどの場所は問題なかったのですが天空回廊付近のらせん状になっている通路(ブルーシャトー)のツルツルな場所で3回ほど滑ってしまいました。転びはしなかったのですが傾斜にもなっているのでかなり危なかったです。

この場所は気を付けた方がいいなと思いました。

あと注意点としては千歳・支笏湖氷濤まつり公式ホームページなどで確認して事前に会場の配置を知っていた方がいいかもしれません。

氷の中で方向感覚がなくなってどれを見たのかどこにいるのかわからなくなりました(^^;

千歳・支笏湖氷濤まつり夜のライトアップされた会場の様子

会場外の駐車場の近辺もお洒落なお店もあってライトアップされています。

 

↑夜にも展望台から撮影してみました。

 

昼間とは全く違う雰囲気ですね。

 

グルータワーもよりブルーになりました(笑)

 

夜は少し雪が強かったです。

 

今年が初お目見えというシャンデリアドーム

 

昼間は気づかなかった氷涛神社です。

中ではお賽銭が氷に貼りついてました(^^;

 

夜は寒いのでおしるこでも…

寒いのでおしるこ(300円)買ってしまいました(^^ゞついでに氷濤あめ(100円)も。他にもおでん、たこやき、フライドポテト、色々売ってました。

 

昼より夜の方が個人も団体も多くの人が訪れている気がしました。

FF車が埋まりました(^^;

途中の水明郷パーキングというところで写真でも撮ろうと思って中に入ったのですが、除雪されてなくてタイヤが埋まって車が動かなくなりました(^^;

こんなこともあるではないかとスコップを積んでいたのでタイヤの周りの雪をどけてなんとか出れましたけど、久しぶりにJAFを呼ぼうかと考えたところでした(笑)

入った瞬間この雪はまずいなと思ったんですけどね。入ってしまったらもう遅かったです。

埋まった時は前に進めるだけではなくてバックして前進してを繰り返して勢いをつけると走り出せますよね。

止まったらまた動けなくなってしまいますので周囲を十分に確認して止まらないように進むのが大事だと思いました。

北海道外から初めて観光で来てレンタカーを借りて会場へ向かう方へ

北海道あるあるで雪の時は道路の境目ががわからなくなっているところがあります。

道路の上にある矢印でどこが道路の境目かを確認しながら運転してください

あまり端によると道路の下へ落っこちて走れなくなってしまうので本当に注意です!

昔、私が運転する車が道路のわきに落ちてしまって助けてくれようとした人の車まで道路のわきに落ちてしまったということがありました。

北海道出身の人でもそういうことになるので注意です!

最後に

氷像が別世界を思わせる場所でした。

土日には花火などもイベントも行われるようですね。既に今年41回目の開催だそうです。長年かけて札幌近郊の氷の世界にこのように異世界のようなものを作れば有名になるわけですよね。

札幌近郊で普段では体験できない氷の世界を体験できる貴重なイベントですが、服装と足元には十分注意して下さい。あと車ですね。夜の帰り道は続々と人が訪れていました。

土日祝日は渋滞にもなるようなので運転する際は気を付けてください。

スポンサーリンク