全国版天気予報の地図の縮尺

北海道の面積はご存知でしょうか?

全国放送の天気予報の地図を見ると右上の方に少し小さめに出ていることが多い気がします。

私はあのイメージで北海道に来たのですが実は大きな間違いでした。

実際に北海道で生活していると「北海道の大きさは東北6県に新潟県を足した大きさ」、あるいは「四国と九州を合わせたよりも大きい」という表現をよく聞きます。

そこで統計データをみてみると

  • 東京都区部面積 626.70平方キロメートル
  • 東京都市部面積 784.20平方キロメートル
  • 札幌市の面積1,121.26平方キロメートル

 

  • 北海道は約83,400平方キロメートル
  • オーストリアは約83,800平方キロメートル
  • 九州は約42,000平方キロメートル
  • 四国は約18,800平方キロメートル
  • 日本は約378,000平方キロメートル

札幌市は23区の2倍近い面積があるのです。北海道の面積は日本の面積の約22%でオーストリア1国と同じくらいの面積があります。

ですので実際のところ北海道出身の人であっても各地域のことはあまり知らないということがよくあります。

札幌出身の人に道東の釧路や根室の事を尋ねたとしても、実際には行ったことがない人も多いので「寒いんでしょ」くらいしか教えてもらえないこともあると思います。

面積が広く天候や産物も道内各地で大きな違いがありますので北海道旅行を考える時には、まずどこに行くのか?どうやって移動するのか?は調べておかないと大失敗をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

関連記事:実はこんなにあった北海道内の空港〜数・名称〜

関連記事:東京の常識は北海道の非常識・田舎の生活を希望する都会の方へ

 

スポンサーリンク

 

北海道新幹線函館まで開通!でも札幌にはまだ…

函館まで新幹線が通りました。私も乗ってみたいなぁとは思っています。

ただし本州から新幹線で函館まで来る方に注意していただきたいのが、函館から札幌に行くのは大変な時間がかかるということです。

函館から札幌までは距離にして300キロメートル超はあるのではないでしょうか。

札幌から函館まで高速道路を使って何度かドライブにも行っていますが4時間半以上はかかっていたと思います。

ドライブが好きな方はそれも楽しいとは思いますが冬はやはり危険が増すので慣れていない方には厳しいのではないでしょうか。

 

関連記事:生乳生産量日本一の町・自然もミルクもあるし別海はでっかい

 

北海道新幹線が開通というニュースが全国ニュースになったときに東京にいる父や母が、「これからは新幹線でも帰ってこれるから便利になったね」と言っていましたがとんでもないことですね(笑)

何しろ札幌から函館は飛行機が運行している状況なのです。

札幌から函館に行ってそこから函館新幹線に乗るくらいなら、飛行機の特割料金を使ったり、LCCを利用して新千歳空港から東京まで飛行機に乗ってしまうという人が多いのではないでしょうか。

東北地方から北海道に来る際やその逆の場合には便利そうです。特に函館を起点にする場合はいいと思います。

ですが札幌と東京を行き来するというのには北海道新幹線では便利とは言えないと思います。

北海道新幹線が札幌まで開通するこれからに期待です。

スポンサーリンク