別海町の読み方は?

根室、中標津ときたら別海を忘れてはいけません。

中標津空港から根室に向かおうとすると別海町をを通り抜けていくことになります。別海―中標津間は車で30分くらいです。

別海町=べっかいちょう?べつかいちょう?

これがよくわからないのですが、アルファベットの綴りだとBETSUKAIと書いてあったと思いますので、「べつかい」でいいのでしょう。

でもべっかいと言われているのもよく聞きますよ(笑)

 

関連記事:道東のもう一つの玄関口・東京から100分の中標津町

 

ジャンボなまち別海町で食べる

私は仕事で7年間くらい別海町を担当していました。

別海町のイメージですが、食べ物がジャンボなんです。

全国ご当地バーガー初代日本一になった別海ジャンボホタテバーガーは有名ですね。

別海町は生乳生産量日本一のまちで、セットの牛乳もジャンボです。

 

スポンサーリンク


ロマンのポークチャップと携帯電話の厚さを比べてみた

そしてこれですね。別海町にあるロマンというお店のポークチャップです。

何年か前に撮った写真なので携帯電話が古臭いですが、そんな古い携帯電話と比べてもこんなに厚みがあります。

400グラムがミニサイズで通常は700グラム、焼くのに結構時間がかかります。

私は確実に食べに行くとわかっている日は電話して前もって焼いてもらってました。

書いていたらまた食べたくなってきた(^^;

この他にもちょっとお昼に立ち寄った店のとんかつ食べたらジャンボ過ぎた!というような情報も同業者から聞いたことがあります。

今はわかりませんが、ジャンボは別海町の売りでしたね。

ちなみに別海町の面積は1,319.63㎢(別海町統計資料より)です。

え?

札幌市より大きいんですが

はい、町ですが、東京都23区の面積の2倍を超えました。それがなにか?

そりゃ11万頭くらい牛がいるわ!って感じですね。まだまだいけそうです(笑)

人口は約1万5千人です。まだまだ人も住めますね!

 

スポンサーリンク


野付半島の魅力を満喫

根室の話題でも触れましたが数多くの野鳥が生息する野付半島を含む別海町は大自然も魅力ですね。

原生林の立ち枯れの森トドワラ、ミズナラの立ち枯れた場所ナラワラ、冬の今の時期だと氷平線ウォークや氷平線ソリツアーというのも人気のようです。

 

関連記事:北海道内1位も・日本最東端のまち根室市

 

野付半島にあった?伝説の歓楽街幻のまちキラク

これは私は知りませんでした。夢のある話です。

キラクは野付半島の伝説のなかだけにでてくるようですが、江戸幕府の記録の中には野付通行屋の記録があり、その遺跡があるそうです。

今でもそこでは潮が引いたときに当時使われていた陶器の破片をみることができるそうですが、場所がわかりづらくガイドの引率なしでは行くことが困難とのことです。

発掘品を観たかったり、詳しい情報が欲しい方は別海町郷土資料館にお問い合わせください。

 

別海に移住はどう?

町役場のホームページをみてみたのですが、移住に関する情報は見つけられませんでした。

私も訪問していたのはごく一部なので情報不足ですみません。

ただ、2月28日まで地域おこし協力隊の募集を行っています。もうすぐ締め切りですね。

 

関連記事:移住のための仕事探し~地域おこし協力隊という選択~

 

別海町についてのまとめ

個人的に凄く好きなまちです。

私が関わった人だけなのかはわかりませんが、とてもいい方ばかりというか、活気がある。力が漲っている感じがするのです。

ジャンボな食べ物を色々なところで食べさせてくれるというのもそうじゃないですか?すごく活気を感じます。

町のみんなで取り組んでるぞー!というように。

ただ私が普段訪問していたところは別海町の一部でしかありません。広いので(^^;

あと今どうしているのでしょう、「別海ミルクガール」(笑)

たしか町の女性職員の方がご当地アイドルやってたんですよ。

すごいですね(笑)

ジャンボとかミルクガールとか、町の本気さを感じてしまいます。やっぱりエネルギーあるんですよ!

ちょっとわき道にそれると草原の中でどこまで伸びているのかわからないくらい道が続くのですが、広大な自然も魅力です。

私はとても好きなまちでした(^-^)

 

スポンサーリンク