さっぽろ雪まつりは2月12日まで・今年の様子です

さっぽろ雪まつりは2月12日まで。もう開催期間半ばとなりましたが初の雪まつり参加です。

先日転んで足腰痛めた苦い経験から、以前購入した靴の滑り止めを装着していきました。

重心を前にして歩くと全く滑らず大活躍してくれました。

私が撮影した雪像写真はあまり空が綺麗ではないですが実際に行ってみるのが一番なので、写真の出来は気にせずに雰囲気をお伝えするために数点の写真を掲載します。

 

関連記事:付ける付けない?北海道の冬の必需品?靴の滑り止めについて

スポンサーリンク

2丁目大氷像 Happy Birthday! Hokkaido.

テレビ塔から西12丁目まで続く大通会場ですが、まずはこちら。

北海道命名150年を記念したバースデーケーキ。

2017年ジャパン・ケーキショー東京という日本最大の洋菓子コンテストで最高位を受賞した藤島江里さんというパティシエの方がデザインされたそうです。

 

4丁目大雪像 ファイナルファンタジー14″白銀の決戦”

個人的には一番大きくて一番迫力を感じた大雪像だったかもと思いました。(私がインドア派のゲーム好きだからというところも否定できませんが…)

それにしても雪を集めてこれだけ正確に作るのは凄いですね。

 

5丁目東大雪像 バーンスタインが残した音楽祭

 

スポンサーリンク

5丁目西大氷像 台湾―旧台中駅

 

出店もあります

 

7丁目大雪像 ストックホルム大聖堂

1/2の縮尺で再現しているそうです。

 

8丁目大雪像 奈良・薬師寺 大講堂

アイスブロック工法という技術で細かいバーツを貼り付けることで細かいところまで忠実に再現されているそうです。

 

10丁目大雪像 手塚治虫生誕90周年記念オールスターズ

鉄腕アトムのアトム、ブラック・ジャックからブラック・ジャック、ジャングル大帝からレオ、リボンの騎士からサファイアをそれぞれ表現しているそうです。

 

中雪像 巨大カップヌードルすべり台

子供たちが楽しそうに滑っていました。

 

12丁目 市民雪像

最後の12丁目会場にはたくさんの市民雪像がありました。

 

さっぽろ雪まつり大通り会場まとめ

北海道に来て10年以上経ちますが今まで雪まつりに行ったことがなく今回が初めての雪まつり体験でした。

気温は1℃、はじめは日差しがあったので寒さは感じなかったのですが途中から雪が舞ってきて寒くなってきました。

夜はライトアップがありますが、もっと寒くなるはずなので寒さ対策はしっかりした方がいいですね。

あと、見学開始早々に私の前にいた方が転んでいるのを目撃しました。

やはりじっくりと雪像を見学していきたい方は滑り止め対策をしっかりしていた方がいいでしょう。

夢中になっているとついつい足元に気を遣わなくなってしまいますので。

 

関連記事:北海道の冬の必需品?靴の滑り止めについて

 

私はほとんど歩きながら観ているだけで1周してまわるのに1時間くらいかかりました。

出店によったり雪像をじっくりと見学していたらもっと時間はかかると思います。

大通会場は札幌駅やすすきのから地下歩行空間でもつながっています。

大通会場見学の後はすすきの会場に行くのもいいでしょうし、大通近辺はデパートもあるので買い物をしていく、食事をしていく、など様々な選択肢が考えられそうですね。

 

関連記事:知らなきゃ困る!~北海道の雪編・想像と現実のギャップ〜

スポンサーリンク