知らないと危険・広い北海道どこに行く?

他の記事にも書きましたが、北海道はかなり広い面積を持っています。

函館と小樽と札幌と旭川を一日で満喫しよう!と考えて北海道旅行を企画する人もいるようですがそれは無理ですね(^^;

 

関連記事:北海道の面積比較・天気予報の地図で誤解したこんなに大きかった北海道

スポンサーリンク

北海道の有名観光地も札幌から遠いのです

多くの方々が都市名から移動方法を考えるのではないでしょうか。

例えば、札幌、小樽、ニセコ、旭川、函館、釧路、根室、稚内、知床、などなど…。

札幌を起点として上にあげた他の都市に移動しようとすると、道内の飛行機移動は別として小樽以外の都市で1時間で行けるようなところはありません。

日程の限られる旅行においては予定を組むのはしっかり考えないといけないと思います。函館ー札幌間は300キロメートル以上、仮に飛行機を利用しても運行時間は限られますし一日で満喫するのは難しいです!

 

関連記事:実はこんなにあった北海道内の空港〜数・名称〜

 

冬は北海道各地の雪の積もる量にも違いがあります

冬は雪の量も各地で違いがみられます。

私は札幌から釧路に行く機会が多いのですが、札幌で雪が積もっていて道路を車でとても走りづらかったとしても、釧路は路面がしっかりでていてホッとするということが多かったです。(その代わり雪がなくてもツルツルでよく滑って大変危険という場合もあります)

また、夏の場合は札幌で暑くていやなだぁと思って釧路に行くと、とても涼しくて過ごしやすいということがよくあります。

ですので旅行で訪れる際には季節を考慮して旅行計画を立てることも考えてみると快適な旅行ができるのではないかと思います。

春や夏に北海道に訪れる人が多いかもしれませんが、夏場に涼しさを求めるのなら釧路などはおすすめですね。

実際に避暑地として夏に釧路に来る人は増えていました。

そして近隣のまちは北海道の大自然を体験できる場所がたくさんあります。

道東カテゴリーの記事はこちらから

 

関連記事:北海道の気温が誤解される理由・これだけ違う北海道内の気温

関連記事:湿原とたんちょう〜夏でも涼しい道東の都市・釧路の見どころ〜

スポンサーリンク


北海道に来るならおすすめの都市はどこ?

私も10年以上北海道生活をしていますが、すべての都市を訪問できているわけではないので、私の限られた経験での私見になりますが当然札幌は面白いと思います。

ただ札幌を目的とすると旅行の日程によっては行く場所が限られてしまいます。

 

札幌に来きたとすると小樽は近くて行きやすいですね。

距離にして40キロほどで高速道路も通っていますので、JRだけではなく車でも1時間以内で移動ができます。

高速道路を利用しなくても1時間を少し超えたくらいで移動が可能ではないでしょうか。

東京での生活の頃はほとんど興味を持っていなかったのですが、小樽に行くようになって初めてガラス細工が綺麗だと思うようになりました。

北一硝子は定期的に見学に行くのですが、水を入れると色が変わったり、万華鏡のように見えたり面白い細工が施されたものもあります。また同じ色でも微妙に色合いが違っています。

その微妙な色合いを自分好みで選べるので他の人が持っていない唯一のものを手に入れた!という喜びも味わえます(^^)

旅行での持ち運びは大変かもしれませんがお土産として私は手に入れておきたいと思う品です。

 

予約すれば吹きガラス制作体験やオルゴール制作体験をできるお店もありますよ!

小樽周辺のアクティビティ体験予約はこちらから

 

小樽といえば日本版青の洞窟のクルージングというのもありますね。

私も今年初めて体験したのですが、私が乗ったのは小型のボートだったのですが、とてもスビード感がありますし船頭さんのお話も軽快で良い経験になりました。

関連記事:寿司・運河・青の洞窟~札幌から近い人気の街小樽~

 

小樽から比較的距離が近い積丹もいいですね。積丹は今後もっと行ってみる予定ですが、とにかく初めて行ったときは綺麗な海と丸い地球の景色に感動しました。

関連記事:絶景!~積丹ブルーの海と感動の景色~

 

マッサンで有名になった余市もあります。

関連記事:2018年度は高速道路小樽JCT-余市間が開通予定でアクセスも向上・フルーツ王国余市町

 

北海道は広いので本当に色々な特色があるので人それぞれ自分に合う場所があるのではないかと思います。北海道はそういう魅力のある土地です。

やりたいことから選ぶなら下のようなサイトもあります。

小樽周辺のアクティビティ体験予約はこちらから

 

まとめ

北海道は広くて1日で色々な都市を行くのは難しいです。旅行を計画する際にはそのことをしっかり考えておかないと行きたいところに行けずに帰ることになってしまうと思います。

私もまだまだ体験不足なので今後各地を体験してこのブログでご紹介できればと思っています。

スポンサーリンク