北海道胆振東部地震発生から1週間以上経ちました。

まだ避難生活を送られている方々もいますし、余震も続いています。

さらに、電力不足で節電をしなければいけないとか、ごみが多すぎて清掃工場での焼却が間に合っていない、ごみの水分が多すぎて焼却炉の火が消えてしまったなど、ちょっとすぐには予想できないような事態も起きています。

しかし、今はもう、私の知る範囲ではお店に食べ物が全くないとかガソリンが入れられないというようなことは解消されています。

 

このサイトは北海道の方も多く訪問頂いているようで、地震直後はこのサイトのアクセス数が半分以下まで減ったのですが、ここ数日はアクセスが戻ってきていてします。

特に余市までの高速道路の完成状況を知りたいという方が多いようです。

ということで、毎月恒例の余市高速道路の完成を確認しに行ってきました。そしてそのまま岩内方面にも行ってみました。地震の影響は落ち着いてきていました。

スポンサーリンク

 

塩谷・余市付近の高速道路完成状況

以前の書いた余市の記事(2018年度は高速道路小樽JCT-余市間が開通予定でアクセスも向上・フルーツ王国余市町)では随時工事状況の写真を更新しているのですが、現在の高速道路の完成状況をみてきました。

塩谷駅の様子

ちょうど列車がきていたので一緒に写真を撮りました。

クリックすると写真は大きくなりますが、駅の奥が丘のようになっているところが道路だというのがわかるでしょうか?

私がたぶん道路だと思っているだけで実際のところはわかりませんが、近くにICを造ってる様子もありますし、今までは写真のような整備された状況ではなかったのでたぶんここが高速道路だと思います。

 

余市IC付近の様子

余市ICと思われる場所の周辺の写真です。

 

ここからさらに倶知安の方まで高速道路が伸びるのだと思います。

 

先月行った際は橋げただけでしたが、徐々に道路が伸びてきていました。

 

来月開通するかと言われれば、来月は無理だろうなとは思いますが、観てわかるほど工事は進んでいます。

スポンサーリンク


余市からさらに岩内方面へ

岩内を仕事で担当していたのは10年前ですが、その時に通っていたスープカレー屋さんで食事しようと思って向かいました。

余市から40分前後かかると思うので意外に遠いのですが、昔新しい職場で新しい環境で働いたときの30代の頑張っていたころを思い出す、懐かしいお店なので行ってみたかったです。

10年以上も岩内でスープカレー屋さんを営業し続けているというのも個人的に励みになります。

 

ですが、着いたらまだお店開いていなかったです。営業は夜からでした。残念。

そのまま道の駅いわないまで行ってちょっと休憩をとって再び余市に向かいました。

 

帰る途中にセイコーマートに立ち寄ってみました。

ところどころ商品が置いていないスペースがありましたが、パンや飲み物はおいてありました。

今回の地震ではセイコーマートに感謝している人も多いのではないでしょうか。

全国に名前が広まりましたね。

私はスープカレーを食べる気満々だったのですが、食べれないとわかって空腹で…。セイコーマートのホットシェフのフライドチキンを買って食べました(^^)

おいしいです。

 

ちなみに私は岩内のスープカレーが食べれないとわかったら余市で食べることしか考えずに岩内を出発してしまったのですが、岩内はキャンプ場も有名です。

ちょうど先日ご紹介した知人のサイトで紹介記事がありますので家族でのキャンプ旅行にご興味のある方はどうぞ⇒初めてのファミリーキャンプにおすすめ!いわないリゾートパークオートキャンプ場マリンビュー

私は独身の感性しかないので家族旅行の楽しみを持っている人に知り合いがいると話題が膨らんで助かります(^^ゞ

 

余市のベリーベリーファームでランチ

会社の先輩に教えて頂いたベリーベリーファームさんでランチを食べました。

冬季はレストランの営業はしていないようですが今はしています。

食事プラス200円でドリンクバーサラダバーが追加できるのでお得です。

もうランチと言えない、お客さんのいない時間でサラダバーを頼んだので、新しいレタスが出てきたときにはちょっと申し訳なかったです。

 

久しぶりのハンバーグというのと岩内でカレーを食べられなかったがっかり感で勢いで注文したサイズは大きすぎました。

ハンバーグは久しぶりの「肉!」という感じがおいしかったのと、個人的にじゃがいもとライスがとてもおいしく感じました。

電気が通れば北海道はおいしい食べ物は豊富ですからね。

 

まとめ

北海道は風評被害を心配する声も出てきています。

余震はあるし、節電も重要になっているので、どんどん来てくださいとは言いづらい状況ですが、食べるものや交通の状況は日常を取り戻しつつあります。

スポンサーリンク