北海道も桜の季節になってきました。

北海道の桜と言えば道南の桜はかなり有名ですが私はこれまで一度も行ったことがなかったので、今回道南のお花見ドライブをしてみました。

桜、チューリップ、芝桜、綺麗でしたー!と言いたいところでしたが、開花にばらつきがあるんですね。

4/26~4/28にかけての様子を記録しておきます。

スポンサーリンク

 5月下旬頃まで桜を見られる北海道松前町の松前公園

松前城(資料館)

開館期間 4月10日~12月10日

開館時間 9:00~17:00(入館16:30まで)

入館料 大人360円、小・中学生240円、幼児無料

北海道松前町にある松前公園です。

北海道唯一の日本式城郭で建てられた松前城(福山城)のある場所で、日本さくら名所100選にも選ばれています。

ちなみに北海道でもう一つ日本さくら名所100選に選ばれているのは新ひだか町の二十間道路桜並木です。

約250種類1万本の桜の木があって咲く時期が異なるため約1か月にわたって桜のお花見をすることが可能だそうです。

この時期には松前さくらまつりが行われていて2019年は4月27日(土)~5月15日(水)までです。

松前城資料館は有料ですが、資料館に入らなくても公園内は無料で見て回ることが可能です。

松前公園の駐車場について

駐車場は松前城(資料館)の手前に小さめの駐車場があり、松前藩屋敷の方にもう一つ広い駐車場がありました。(松前藩屋敷は松前城からは少し離れています)

通常はどちらも無料ですが、さくらまつりの時には500円になるという案内板が設置されていました。

このほかにも近隣に1回500円という駐車場が数か所作られていたので、案内に従って利用するのがよいと思います。

松前公園近隣は北海道の道路としては狭い道路なので込み合うさくらまつりの時には運転に特に注意が必要だと思います。

松前公園の桜のお花見の特徴

個人的な感想としてはとにかく広いですね。

私は大体1時間くらい公園内を歩いていましたが、雨と寒さのためあまりよく見ないででてきてしまいました(^^;

たぶん気温4度くらいでしたの…。

晴れていればもっといい景色が眺められたと思います。

桜資料館や桜見本園という場所もあってさすが250種の桜がある場所だと思いました。桜好きの人は興奮する場所でしょうね。

一方で、数多くの種類の桜が順番に咲いていくので、咲いている場所と咲いていない場所がはっきりしていたようにも思います。

これはこれで来るたびに違う桜が見れていいかもしれないですけどね(笑)

私が行ったのは4月26日でまだ営業していませんでしたが、さくらまつり期間中は出店も営業しているのだと思います。

また、冬期間以外は営業している松前城隣のお店は桜色が印象的なお店でした。

寒くて手が痛いのにソフトクリーム(さくら)買いました(笑)

今までに食べたことない味で美味しかったです(^^)

松前城入館して撮った写真

この写真は中からではないと撮影できません。

スポンサーリンク


木古内町の薬師山芝桜は階段がきつい!そして…

木古内駅の道の駅とは反対側の方にあります。

入り口のところは公民館なので公民館に入らずに奥まで道を進んでいくと駐車場がありました。

球場もあって町の施設が集中している場所ですね。

 

案内板に従って球場の裏の方まで行きます。

 

球場裏に回ると再び案内板に従って進みます。

 

途中のこの道はおそらく桜です。

まだ咲いていませんでしたね。

そしてこのままお墓の方までまっすぐと案内板に従って進みます。

 

そして突き当りまで行くとこの上り坂(^^;

寒いし雨強くなってきたしもう進みたくありませんでしたが(4月26日)、頑張って進みます(^^ゞ

 

途中下を見下ろすとこんな感じです。

熊なんかでないですよね?大丈夫ですよね?と思いながら一人寂しく登っていきました。

 

そして頂上到着です!

で、思ったことが、「あれ?頂上に上るために来たのではない!芝桜を見に来たんだ!!」

どこに芝桜が??と思ってこの周辺を見回してみると・・・

 

もしかして・・・そう、これですね(^^;

まだ芝桜満開ではなかったようです。せっかくここまで来たのに(笑)

まあ片道15分ほどではあったのですが、寒くし雨でびしょびしょで…。

お花見はタイミングが難しいですね。

スポンサーリンク


幕末の咸臨丸が眠る地・サラキ岬のチューリップ

木古内駅から札幌方面に国道228号を進むと右手にある、咸臨丸が眠る地とされるサラキ岬です。

以前のドライブでも訪れていますね。(参考記事:北海道観光の夏!1泊2日で函館ドライブ旅行に行ってきました~札幌から道南松前までの旅~

サラキ岬ではチューリップまつりが行われます。(2019年は5月1日~5月6日)

この時期チューリップが一面に綺麗に咲くようですが、この日はまだ少し早かったです。(またですが(^^;)

スポンサーリンク


五稜郭公園の桜!道南のお花見といえばここも有名

郭内開園時間 4月~10月は5時~19時、11月~3月は5時~18時、堀の外側は常時開放

駐車場 なし

27日は遺跡巡りをしたので五稜郭のお花見は28日の快晴の日でした。

五稜郭公園としての駐車場はありません。私は宿泊ホテルのフロントで、美術館と図書館の駐車場を教えていただきましたが、朝9時過ぎの時点では満車でした。

その他にも周辺に駐車場はありますが近くは全て満車状態で、帰る人を待っての入庫が多かったです。

朝5時から開園しているので9時すぎにはすでに帰る方たちも結構いました。

私は少し離れた駐車場に駐車して15分ほど歩いて五稜郭公園に入りました。

園内の様子・五稜郭とお花見と

五稜郭公園は個人的に桜がなくても楽しめますが、桜の季節はそれとは違って綺麗な景色を楽しめますね。

堀の外から見る桜もいいとは思いますが、堀の中に入って

桜の絨毯の上を上から見下ろす景色もいいのではないかと思います。

想像していたよりも中は中は混雑していなくてのんびりとしています。家族で敷物引いてピクニックを行っている方たちもいます。

押し合いへし合いという状況ではないのが北海道らしくていいです。ゆったりと景色を楽しめました。

イベントも

この日11時からはパレードと幕末の戦いを模したイベントも行われていました。

スポンサーリンク


その他の函館のお花見どころ

地元の方に教えていただいた地元の観光客は少ないと思われるお花見スポット2選です。

笹流ダム前提広場

4月下旬から11月下旬までの開園期間は入場自由

開園時間  4月第3土曜日~9月30日は9:00~17:00、10月1日~11月23日は8:30~16:30

休園日  11月24日~4月第3土曜日の前日

駐車場 無料

函館駅から約30分赤川IC近くにあります。

駐車場にある車のナンバープレートを見ると函館ナンバーばかり。地元の方の知る人ぞ知るという場所なのだと思います。

 

ただこの日はまだ開花していなかったです。五稜郭公園からそれほど離れていませんが結構違いがあるものですね。

 

桜の開花はまだでしたがダムの景色は見ごたえありました。

ダム公園

開放期間と時間 4月第3週土曜日~ 9月30日までは午前9時から午後5時まで、10月1日から11月23日までは午前9時から午後4時30分まで
駐車場 無料

笹流ダムからさらに道道347号を北に進んだところにあります。

ただ残念なことに、ダム公園も桜の開花はまだでした。

ダム公園も桜が咲くともっと綺麗な景色になる場所だと思うのでが…。

まとめ

北海道の道南は北海道内でも一番早く桜が咲くエリアの1つです。

今回紹介したお花見の名所もあります。

ただし・・・見ごろは難しいですね。

北海道は広いのでこれから各地で桜が咲き始めます。

北海道根室の桜の開花平均時期は5月18日頃だそうです。

まだまだ桜を楽しめますね。

関連記事:北海道の道の駅の春夏連休中の混雑状況・車中泊状況について

関連記事:遠軽・上湧別・弟子屈・東藻琴・お花見ドライブ旅行へ!芝桜公園は本当に凄かった!

関連記事:北海道観光の夏!1泊2日で函館ドライブ旅行に行ってきました~札幌から道南松前までの旅~

スポンサーリンク