2019年3月20日苫小牧市の道の駅ウトナイ湖で展望台が12:00にオープンしました。

実際に行って写真を撮ってきましたので写真も掲載しておきます。

3階建ての展望台ですが思っていたよりも高い場所から景色を見渡せました。

スポンサーリンク

道の駅ウトナイ湖に展望台が完成!オープンしました

 

オープニングセレモニー開始前に撮影した写真です。

天気は悪かったですね。

オープン日は道の駅の中と展望台の前でセレモニーが行われていました。

道の駅ウトナイ湖展望台の内部

展望台の構造は3階建てで屋上が360度見渡せる場所になっています。

1階エレベーター

ウトナイ湖展望台にはエレベーターが備わっています。

3階までエレベーターで上がることが可能でした。

2階には双眼鏡の準備も

2階の展望室は双眼鏡が備え付けられています。

室内なので寒さも感じなかったですし、ここで野鳥の観察をすることもできます。

肉眼ではよく見えないウトナイ湖の野鳥ですが双眼鏡を使って大きく見えると興奮しますね(笑)

 

2階にはキッズスペースや授乳室もありました。

3階は屋外へ

3階は屋外に出られます。

屋外の階段から屋上に上がることができます。

屋上は360度の展望

屋上からは360の景色を見ることができます。

屋上は想像していたよりも高くて見晴らしは良かったです。

天気が良い日に行きたいですね。

関連記事:白鳥大橋に一番近い展望台はどこ?室蘭市の3つの展望台から白鳥大橋を眺めてみました

道の駅ウトナイ湖でランチ

展望台オープンが12時からでした。

オープン初日で大勢の人がいた上にお昼時だったので結構混雑していましたね。

それにしても相変わらず道の駅ウトナイ湖は食べたいものが多くて迷います(^^ゞ

関連記事:北海道の冬・雪でもドライブしやすい場所を求めて札幌近郊冬の道の駅ドライブ旅!苫小牧市の道の駅「ウトナイ湖」は食事に迷いますね

 

オープン記念いくらフェアを22日まで行っていたので

いくらホタテ丼(860円)を頂きました(^^ゞ

周りではホッキカレーを食べている人も多くて食べてみたくなりましたが…(笑)

スポンサーリンク


一人旅でも家族連れでも満足!道の駅隣接ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

 

開館時間 午前9時から午後5時

休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

入館料 無料

道の駅ウトナイ湖の隣にはウトナイ湖野生鳥獣保護センターがあります。

無料で入館できるので展望台に行った際にはここにも立ち寄ってみるのがおすすめです。

中ではウトナイ湖で生息する生物について学ぶことができます。

キッズスペースや図書スペースもあって男一人でもお子さん連れでも行ける場所ですね。

館内にある足跡探しなどのお遊び的な情報もあるので意外とお子さんが楽しんでいる印象が強かったです。

この日はセンター長さん?と思われる方から、「オオワシみましたか?今対岸に来てますよ」と教えて頂けましたので

望遠鏡をのぞいてみると、大きなオオワシを観ることができました!

初めてオオワシというものがわかりました(^^ゞ

肉眼では全く見えなくて写真に撮ることはできませんでしたがくちばしが黄色くて大きいですね。

ウトナイ湖なら観ることができるんですねー!!

隣にいた私と同じ一人旅のおじさんもオオワシを観て興奮していました。気持ちわかります(^^)

入口にあるのですが、オオワシはこんな感じの鳥です。

広い北海道でウトナイ湖に多くの野鳥が生息しているというのもちょっと不思議な気がしますが貴重な湖ですね。

まとめ

道の駅ウトナイ湖 に展望台がオープンしました。

野鳥に詳しくない人でもウトナイ湖野生鳥獣保護センターとセットで見学して楽しめるのではないかと思いました。

肉眼ではなかなか見えないので備え付けの双眼鏡や望遠鏡を使って観察した方が楽しめますよ。

関連記事:リニューアルオープン後の道の駅「花ロードえにわ」は何が変わった?見に行ってきました!

関連記事:オープンした道の駅あびらD51ステーションはどんなところ?なにがある?オープン日に行ってきました

関連記事:マガンはどれ?早朝のウトナイ湖でマガンを観察してノーザンホースパークで馬見学

スポンサーリンク