先日小樽付近をドライブした際にはまだ雪が残っていましたが、国道36号から苫小牧に向かう通り沿いにはもう雪はほとんどありません。

最近は北海道の道の駅を全て行ってみようと思っているので、すっかり暖かい春の景色になった4月2度目の日帰りのドライブ旅行に行ってきました!

 

関連記事:札幌を出発して余市ー赤井川ー当別の順番で道の駅を巡る半日ドライブ

 

スポンサーリンク

国道36号線を通ってドライブ旅行・花ロードえにわへ

道の駅の花ロードえにわは美味しいパンで有名というイメージを持っていました。

ですのでお昼はパンも食べる予定です!

普段は時間優先で高速道路を利用することが多いですが、恵庭は札幌からそれ程遠くもありませんので国道36号を通って行きました。

約40キロという距離ですかね。

ゴールデンウィーク期間中でもっと遠くへ出かけている人が多いのか?道路はあまり混雑していなかったです。

花ロードえにわと購入したパン

色で目立っていたのがこのりんごパンです。

中にりんごが入っているのはもちろんですがりんごの香りが凄いです。

こちらはかぼちゃのメロンパンです。

かぼちゃプリンパンも有名なようですがそんなに食べられないので気になったメロンパンを選択!

(実はカレーパン好きでそっちも食べてるので(^^;)

恵庭市はえびすかぼちゃで有名なんですよね。

その歴史は昭和39年まで遡ります。

京都で開発生産された「えびす」という品種を早々に栽培を始めたのが恵庭市だそうです。

そこからえびすかぼちゃは恵庭市の代表的な産物となって今では全国的に有名なブランドになったんですね。

このかぼちゃのメロンパンもかぼちゃの風味が深く美味しかったです。

ちなみにパンではないですが、パンと一緒にこのかぼちゃコロッケも売っています。

コロッケとかぼちゃは抜群の相性ですね(^^)

花ロードというだけあって花も恵庭の特徴なのですが、さすがにまだ満開状態ではなかったです。

 

関連記事:晩秋の道の駅「花ロードえにわ」・車中泊車も多い人気の道の駅で人気のパンと温泉と

スポンサーリンク

ドライブ旅行は次の道の駅へ続く・サーモンパーク千歳

花ロードえにわで軽くパンを食べてからサーモンパーク千歳に向かいます。

36号線沿いではありませんでしたが36号線から337号線に移ってそれほど離れていない場所にありました。

敷地内にはそこそこ大きな駐車場があり、少し離れたところに第2駐車場もあるようです。

この日は到着した際に敷地内の駐車場は満車でしたがちょうど一台出場してすぐに入ることができました。

サーモンパーク千歳の建物内にはお土産品店、野菜直売所、中華料理店、ピザのお店、奥芝食堂等々…意外にたくさんのお店があります。

その中でこの日はピザ!

まあパンも食べたんですが少し足りなかったので(^^;

ランチの2人分のMサイズのセットだったのですがこれも美味しかったです。

道の駅にあるお店というと味より雰囲気重視で正直あまり期待しないところもあったんですが(^^;普通にピザのお店の中でも美味しいお店ですね。

2人で食べるには少し多いくらいの量だったので、お腹いっぱいになって最後にシャーベットがあったのを忘れて帰ろうとしてしまいました(笑)

こんな感じの店内でした。

 

こちらは店内から外を見たところです。

 

焼き鳥、たこ焼きなど外にもお店が出ていました。

施設内にもたくさんお店があるのに外でもやってるんですね。

この日だけなのかもしれませんがこの規模の道の駅なのにちょっと驚きです。

 

サケのふるさと千歳水族館

この日は見学していませんがすぐ目の前に千歳水族館もありました。

横の池ではサーモン系と思われる魚が泳いでいました。

 

最後は苫小牧の道の駅ウトナイ湖へ

夕方なので少し写真の色が暗くなりました。

建物内部はそれほど広くはない印象でしたが、軽食やお土産品などはしっかり買えますね。

野鳥が観れるというウトナイ湖の見学にも行ってみました。

何もいない(^^;

16:30の夕方という時間も悪かったかもしれないですね。

もう少し緑が多い季節で明るい時間帯に多くの野鳥がいたら見ごたえのある場所なのではないでしょうか?

まだ行くのが早かったです。逆に真冬もきれいなのかもしれないですけどね。

 

ウトナイ湖野生鳥獣保護センター

道の駅の隣にはウトナイ湖野生鳥獣保護センターがありました。

先日阿寒国際ツルセンターに行ってきましたが、そこに似ている印象です。

 

関連記事:札幌を出発して阿寒周辺で息抜き・冬のカムイの湯ラビスタ阿寒川とタンチョウ見学体験

 

野鳥の勉強と情報調べができるような施設ですね。

子供用のスペースもあって学校の夏休み自由研究などでも使われるのでは?と思う場所でした。

ただ、一見しただけでよくはわかりませんが周囲は住宅街ではないようですし、苫小牧の子供が歩いていくには遠い場所ではないかと思いました。

もったいない(^^;

 

まとめ

前回の余市~当別の道の駅ドライブに続きこの日も12時に札幌を出発した半日ドライブです。今回は高速道路は全く利用しないで札幌―苫小牧の往復ドライブでした。

札幌から苫小牧は距離だと80キロ弱という位置です。

私が以前仕事で日帰りの往復をしていた釧路―中標津間は約90キロですから、やっぱり私の感覚からすると苫小牧は近かったですね。

今回のルートは都市部を通るルートでしたが、札幌から苫小牧は支笏湖の方から行くルートもあります。

こちらのルートだと都市部というよりも山道なのでは?という想像もできるので今後支笏湖ルートも通ってみたいと思います。

最近札幌近隣話題が多くなっていますが、この記事は下の関連記事にも書いた札幌の魅力の補足にもなるかなと思います。

関連記事:札幌の魅力を感じる理由

スポンサーリンク